どろあわわ実体験レビュー4日目です

どろあわわを旦那が使い始めてからの実体験レビュー4日目です^^

どろあわわを使っていると旦那がいつも「この泡を顔だけに使うのは勿体ないなぁ」と、感じていたようで身体にどろあわわを使って洗ってみたいと言い始めました。

実際にどろあわわの泡の量が尋常じゃないくらい多いので、その余った泡で身体を洗っている方も多くいらっしゃいます^^

実は旦那にはアトピー性皮膚炎を持っていて直接アトピーの箇所にどろあわわを使って、どのようになるか?ということろを実験してみたいと思います。
「どろあわわ(実体験レビュー4日目)旦那のアトピー肌に使ってみた」の続きを読む…

以前ニュースで大々的に取り上げられた洗顔石鹸といえば茶のしずく。アレルギーの問題で多くの人に症状が出てしまったとニュースになっているように、どろあわわもアレルギーが起こらないか心配で徹底的に調べてあげました。そもそも、問題になったアレルギーの原因となる成分を茶のしずくに入っていたものは何なんでしょうか?

問題になった茶のしずく洗顔石鹸には、

加水分解コムギという小麦由来のタンパク質

が入っていたのです。茶のしずくの製品の表示には、水解小麦末と表記されていました。加水分解コムギとは、小麦のタンパク質を酵素や塩酸などを使用して、細かく分解したもので、加水分解することによって水に溶けやすくなるようです。

その為、加水分解コムギは高い保湿性が期待できるので、世に出回っている多くの化粧品やシャンプー、石鹸などの商品に入っていることが見受けられます。そして気になるどろあわわの成分はというと、以下の通りでした。

img_0608

水・ベントナイト・グリセリン・ミリスチン酸・ステアリン酸PEG-150・黒砂糖・ステアリン酸グリセリル (SE)・コカミドプロピルベタイン・サクシニルアテロコラーゲン・海シルト・豆乳発酵液・ヒアルロン酸Na・ココイルメチルタウリンNa・ステアリン酸グリコール・エタノール・EDTA-2Na・メチルパラベン・プロピルパラベン

心配となるような成分は入っていない!しかし、万が一他の成分でアレルギーにならないとは限らないので、販売元の健康コーポレーションの担当の人に直接メールで質問してみました。その回答はどろあわわはタッチテストやアレルギーテストを行っているので、安心安全な石鹸のようです。

パッケージの裏側にもパッチテスト済みと書いてありますので安心です

それであっても、すべての人に必ずしもアレルギーが起こらないというわけではないので、少しでも違和感や異常があれば使用を中止した方が良いでしょう。

allergie

洗顔石けんとアレルギーの問題

最近なんですが、通販で販売していた洗顔石けんで重篤なアレルギーをおこしてしまった!という事例があったんですが、皆さんの記憶にも記憶に新しいことと思います。この事件以来、通販で洗顔石鹸をお肌に使用する前に自分がアレルギーを引き起こすような成分が入っているかどうかを詳細まで確認される方が増えてきました。

どろあわわの成分は国産(石川県)のベントナイトと、沖縄のマリンシルトという二つの泥成分が主体です。泥にアレルギーを持っている方はまずいませんし、アレルギーテスト済みの商品ですので、安心してお使いいただけます。

豆乳発酵液が含まれているので、大豆アレルギーを持っている方は医師に相談されるとよいですね。敏感肌の方にも優しい無香料・無着色・無鉱物油のどろあわわは、使い続けることで肌がしっとり・もっちりしてきます。

乾燥肌が強い方に関しては、マリンシルトやベントナイトが肌に残しておきたい角質までも取り去ってしまうことも予想されます。余計に乾燥肌が強くなったり、外部アレルゲンが薄くなった肌から侵入しアレルギー症状を引き起こすという方もいらっしゃいます。

肌に刺激を感じた場合にはどろあわわの使用を中止し、背中ニキビのケアやひじやひざ、かかとのケアコスメとして使うことをお勧めします。

どろあわわを使う際のポイントとしては、泡で顔をこすり過ぎないこと、泡パックを避けること、十分にすすぎをすることです。マイナスイオン効果や、泡の表面張力で汚れはしっかり取れるので、念入りにマッサージをする必要はありませんよ。

Incoming search terms: